鬼無里イヤー home
鬼無里イヤー
トップページ > 奥裾花自然園
鬼無里イヤー イベント最新情報

鬼無里イヤー イベント最新情報

奥裾花自然園トピックス

奥裾花自然園に行ってみよう
奥裾花自然園は新潟県境に近い裾花川の源流部にあり、一帯は林野庁の「水源の森百選」にも選ばれております。園内には日本一といわれる、およそ81万本の水芭蕉の大群落があり、春のゴールデンウィークから6月上旬まで一面に広がる白い清楚な姿を見せてくれます。園内を取り囲んでいるブナ原生林には、多くの野鳥やクマやサルなどの野生生物が生息し、豊かな自然が残されています。

入園料:4/29~5/31まで
大人(中学生以上)410円/人
団体(20名以上)300円/人
6/1~10/31まで
大人(中学生以上)200円/人
団体(20名以上)150円/人

ミズバショウ(水芭蕉)の群落
奥裾花自然園の水芭蕉が発見されたのは1964(昭和39)年と比較的最近になります。ミズバショウはサトイモ科の多年草で、夏には1mにもなる緑の葉が熱帯産のバショウ(芭蕉)という植物の葉によく似ていることから名づけられています。白い花びらのように見える部分は葉が変化したもので、花は中の薄緑色をした棒状の花茎に多数ついています。ミズバショウには毒があり食用には向きませんが、冬眠明けのクマはミズバショウを食べて冬の間に溜まった体内の老廃物を出す、といわれております。

ブナ原生林
ブナは温帯を代表する落葉広葉樹です。秋田県と青森県にまたがる白神山地がブナの原生林で世界自然遺産に登録されたように、まとまりのあるブナの原生林は世界的に見てもわずかです。奥裾花自然園のブナは樹齢300年を超えるものもあり、原生的な自然が残されています。ブナは秋になると実をつけ、多くの動物の貴重な食糧となります.園内を散策すると、秋に落果したブナの実が見つかるかもしれませんよ。

もっと詳しく>>


鬼無里観光振興会
〒381-4302 長野県長野市鬼無里日影2750-1(鬼無里支所内)
電話:026-256-3188 FAX:026-256-2237